• HOME
  • フルタイムで働く

フルタイムで働く

高校や大学を卒業後、ほとんどの女性が何らかの形で就職することが一般的になってきました。そのほとんどの場合が通常のフルタイム勤務となるでしょう。残業がなかったり、シフト制であったりと、決められた時間の中で仕事をする女性もいれば、男性と同じように夜遅くまで残業をする女性も珍しくはなくなってきました。大卒の場合、正社員や契約社員として企業に入社する場合が多く、フルタイム勤務という呼び方が不自然と言っていいほど、社会人となる女性にとって当たり前の勤務体制になってきたと言えます。

女性の就職が一般的になってきたとはいえ、昨今の不況の影響で就職難が続き、男女問わず、アルバイトをしたり、卒業後もまた別の学校へ通ったりとやむを得ず、就職難民となっている若者が増えているのも深刻な問題です。就職先や雇用形態も何年か前までとは違う状況になっている現実があります。ここでは、女性が就職するに際して、<1>正社員として就職するには、<2>事務職の雇用形態の変化、<3>派遣社員という選択、の3つの視点から、どのような現状があるのかを紹介していきたいと思います。

女性については女性に人気の仕事で学ぶ

 

ページの先頭へ