非正規職員としての事務職

事務職の正社員雇用が極端に少ない現在、事務職として就職したい場合はどのような雇用形態があるでしょうか。企業としては、事務職の人件費を抑えたいとはいえ、事務職の従業員が全くいないとなると会社が成り立ちませんから、求人は存在するのです。事務職の雇用形態としては、主に契約社員・派遣社員・非常勤社員(パート)として雇用されています。ほとんどの場合、これらの雇用形態では契約期間というものが設けられていて、企業の都合によって契約満了のタイミングで退職させることができるのです。また、待遇面でも正社員に比べると給料が安かったり、交通費などに制限があったり、保険や福利厚生も差が出たりする場合があります。また、この3つの形態のうち派遣社員については、仕事をする企業と雇用契約を結ばず、第3者である派遣会社と雇用契約を結ぶため、職場である企業では仕事をするだけで、給料や保険、福利厚生などはすべて派遣会社から支給されます。他の2つの形態とは大きく異なる特殊な雇用形態なのです。この派遣社員という働き方は近年とても多くなっていて、新卒で派遣社員として就職する人も少なくありません。次のページでは、この派遣社員についてもう少し詳しく説明していこうと思います。

営業マンとは?の営業情報
営業のお仕事に関するサイト

 

ページの先頭へ