• HOME
  • パートタイムで働く

家庭>仕事の時期

結婚や出産を期に退職する場合が多かった少し前の時代に代わって、退職をせずにフルタイム勤務からパートタイム勤務に変更する女性が多くなっています。パートタイムと言っても、いわゆる「パート」という育児家事の合間にアルバイト感覚で働きに出るという形のものと、いままでの仕事の延長で勤務時間を短縮した時短勤務というものと2通りあると思います。「パート」として働く人の多くは、いったん退職をして子育てがひと段落してから再度働きに出るというパターンが多いのではないでしょうか。正社員の場合、育児休暇取得後もそのまま勤務時間だけ短縮して時短勤務という働き方をする場合が多いと思います。1日8時間勤務だった社員が、子供がある程度成長するまで5〜6時間勤務へ変更するというものです。どちらの場合もまだ幼くて手がかかっている時期であったり、手は離れたけどまだ独立していない時期であったりと、家庭での時間を多くとりたい時期の働き方と言えるでしょう。このパートタイム勤務にも、正社員の時短勤務やパートのように企業から直接雇用される場合と、派遣社員としてパートタイムで働く間接雇用の場合があります。次の話では、それぞれの特徴を比較してみたいと思います。

英会話を札幌で
お探しならイーオンがおすすめ

亜鉛の情報サイトはこれ

 

ページの先頭へ