正社員の時短勤務

正社員として時短勤務をするのは、以前よりその会社で働いていて育休復帰後の場合がほとんどです。出産後、幼い子供を抱えて正社員として再就職し、さらに時短勤務まで認められるというケースは皆無と言ってもいいでしょう。正社員が時短勤務をする場合、仕事内容は産休前の職場に戻って同じ仕事をする場合と、別の部署に異動して違った仕事をする場合があります。同じ仕事をする場合でも仕事の量を減らしたりチームで同じ仕事をしたりと、短時間の勤務で仕事が終えられるようになんらかの調整をしてもらえるケースが多いようです。仕事量の調整があるものの、もちろん仕事の内容は職種にかかわらず今まで責任を持って自分主体で積み上げてきたスキルや人間関係ですから、時間が短いからと言ってアルバイト感覚で働くのとは全く別の働き方となるでしょう。もちろんアルバイトに責任がいらないというわけではないですが。

パートでの再就職

結婚や出産を期にいったん退職した女性が、出産後や子育てがひと段落した後にパートとして再就職するケースは多くあります。まだ子供が小さくても外で仕事をしたい人や、経済的な理由がある人や、ある程度子供の手が離れた後に学校に通っている時間だけでも社会復帰したい人など、再就職を希望する理由は人それぞれだと思います。パート職として求人がでている仕事は、社員の補助であったり、入力作業であったりと、残業が発生しにくい比較的負担の軽い内容の仕事が多いようです。中には、「子育て支援求人」と言って、小さい子供のいる母親に向けての求人もあります。小さな子供がいると、どうしても病気になりやすく、急に欠勤しなければならない場合もあり、急に休まれると困る職種で勤務していると、多少は周りの協力が得られるとは言え、現実としてはなかなか続けることが難しい場合が多いようです。このように小さい子供のいる母親でも、ある程度安心して仕事を続けられるであろう子育て支援の求人は、ワーキングマザーを希望している女性にとってはとても励みになる求人なのです。しかし、ここ数年の不況の影響で、そのような求人にも子育て中ではない人も含め多数の就職希望者が殺到しているため、結局、小さい子供のいる母親はその競争に勝てず再就職は困難を極めているのが現状でしょう。

販売について詳しいのは本の仕事に携わる
販売・接客ページはこちら

サービスについて詳しいのはサービス業を考えよう
サービス業職種ページはこちら

時給や労働環境 - アパレル短期アルバイト
http://www.tikehnalonemusical.com/apparel/kankyou.html

 

ページの先頭へ