子育て支援サービスについて

働く女性が増える中で、社会での子育て支援事業も充実してきています。ここでは代表的なものを3つ紹介しようと思います。色々な親子と交流をしながら、母親同士の情報交換や、運営者による相談・援助・子育て講座受講などができる広場型の施設が、大型ショッピングセンター内や公民館などを利用して増えてきています。運営主体は市町村やNPO法人など様々です。また、共働き家庭の支援として「ファミリーサポートセンター」という相互援助組織があります。援助を受けたい人と援助を行いたい人があらかじめ組織に登録しておき、子供の急病時にどうしても仕事を休めないときに、保育園にお迎えに行ったり自宅で預かってくれたりする制度です。病気の時以外でも、冠婚葬祭時や親の病気などの時にも利用できます。また、経済的な支援として子ども手当の支給があります。2011年7月現在では、中学校卒業までの子供一人につき13000円/月が支給されます。

情報サイトの「サービス業とは」
サービスのお仕事についてはここ

データ入力情報はデータ入力のコツ
データ入力のことならお任せ

マイレージプログラム「スカイパス」へご入会ください
大韓航空予約なら

 

ページの先頭へ