補助的な収入源として

家事や育児、介護などの隙間時間で在宅ワークをする場合、1日に仕事に使える時間は1〜3時間程度でしょう。この短時間で、人によっては細切れな時間を利用して在宅ワークをするとなれば、ひと月に稼げる収入も数万円程度となるのが一般的です。金額的に見れば補助的な収入となります。外に出て働く場合に比べると少ない収入となりますが、小さい子供がいる母親の場合、外に出て働くとなると保育園に預ける費用がかかりますそうすると給与収入で7〜8万/月稼いだとしても保育料3〜5万円/月は家計には入らない計算になります。結局、パートタイムでの仕事だと家計の収入で考えると2〜3万/月程度にとどまることになるのです。それなら、日中すべての時間を使って外に働きに出て、子供の病気で欠勤・早退を繰り返し、職場とのコミュニケーションに気を遣うより、在宅で働いた方が子供と一緒にいる時間もたくさん取れて、合理的な働き方ととらえることもできます。もちろん、お金だけの為に外で働くわけではない人もたくさんいらっしゃいますから、一概にどちらがいいとは言い切れませんが、在宅ワークという選択肢があるということも知っていてほしいと思います。

ホームヘルパー情報はホームヘルパーのお仕事
ホームヘルパーのことならお任せ

 

ページの先頭へ