SOHOという働き方

隙間時間で仕事をする在宅ワークを、子供の手が離れた後にそのまま継続して、本格的に仕事とするケースも増えているようです。子供が学校に通うようになると、ある程度まとまった時間が作れるようになります。そこで、在宅ワークの受注件数を増やしたり、新しい分野の仕事にチャレンジしてみたりして、仕事のボリュームUPをしていくのです。こうすることで、家計の補助的な仕事ではなく、外で仕事をするのと変わらないくらいの収入を得ることもできます。収入が増えてくると、本格的に事務所を立ち上げて税務署に開業届を提出して事業登録することもできます。この事業登録をすると年収によっては社会保険や税金などを本人が負担することにもなりますので、登録するタイミングは考えた方がおすすめです。

体のために必要な糖化はこれ
糖化の情報を特集します

医療事務の転職・求人の情報収集に
医療事務の仕事がおすすめ

 

ページの先頭へ